Mac OSX に Java1.6系をインストールする方法

Google App Engineを使うにあたって環境整備をおこなう。
最初にJavaのSDKをインストールする。
下記サイトが参考になりました。(多謝)

SEのネタ帳 – Mac OSX に Java(JDK)1.6 と NetBeans 6.5 インストール方法

まず、Mac OSX に Java(JDK)1.6 をインストールする方法であるが、
Apple から Java をダウンロードする。
http://developer.apple.com/java/
ダブルクリックし、通常の方法でインストール。
ターミナルを実行し、
$ java -version
を実行してみると、まだ JDK5 にパスが通っているので、
バージョンは 1.5 と表示されるだろう。
そこで、またまたターミナルを実行し、
~.profile などのファイルに以下を記述する
(Users/username/.profile ってこと、usernameは各自の環境で読み替え、.profileが無い場合は作成しても良い。)
JAVA_HOME=/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6/Home #ここは1行で
export JAVA_HOME
PATH=${JAVA_HOME}/bin:$PATH
ファイルを保存し、
$ source .profile
でパスを読み込ませる。
これで、
$ java -version
コマンドで、JDK6 が実行される事がわかるだろう。

ターミナルから確認すると、

実行前

suite:~ kajichenkoh$ java -version
Picked up _JAVA_OPTIONS: -Duser.language=en -Dfile.encoding=UTF-8
java version "1.5.0_20"
Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.5.0_20-b02-315)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 1.5.0_20-141, mixed mode, sharing)

実行後

suite:~ kajichenkoh$ java -version
Picked up _JAVA_OPTIONS: -Duser.language=en -Dfile.encoding=UTF-8
java version "1.6.0_15"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_15-b03-226)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 14.1-b02-92, mixed mode)

無事成功しました。

Amazonアソシエイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です