清水建設がやばい。太平洋上赤道直下に『空中都市』建設

暇人\(^o^)/速報 : 【日本始まった】清水建設、太平洋上赤道直下に『空中都市』建設へ – ライブドアブログ

清水建設は2010年5月10日、スーパー連携大学院協議会と野村證券と提携を結び、
赤道直下の太平洋上に浮かぶ環境アイランドを建設に必要な各種技術の研究開発を推進することを発表した。
2025年に、「最も太陽の恵みが多く、最も台風の影響が少ない」という地に、CO2を吸収し続ける植物のような都市の実現を目指す。
中央のタワーの高さ1,000メートル、幅3,000メートルのグリーンフロートは大きく3つの部分に分かれている。
1つ目は高さ700メートル以上にあり、気温が一年中約26〜28度と一定に保たれている3万人が住む日常生活ゾーン。
2つ目は植物工場などがあるタワー部分。3つ目は目の前にビーチが広がる1万人が住む居住ゾーン。
この人工島は居住人口の増加に伴って、ユニットをいくつも増殖させることができる。
http://www.japanfs.org/ja/pages/030292.html#more
環境アイランド GREEN FLOAT
http://www.shimz.co.jp/theme/dream/greenfloat.html

まじっすかコレ。
ワクワクがとまらんです。
めっちゃファンタジー。

いまから15年後。。
世の中はどう変わっているんだろう。
ドラえもんのような未来が待っているのだろうか。
そして、その時、ぼくは何をしているのだろう。

Amazonアソシエイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください