「人見知り」を少しずつ直すための4つの心がけ : ライフハッカー[日本版], 仕事も生活も上手くこなすライフハック情報満載のブログ・メディア

「人見知り」を少しずつ直すための4つの心がけ : ライフハッカー[日本版], 仕事も生活も上手くこなすライフハック情報満載のブログ・メディア

これ読んで、自分的にも実践してみようと思いました。

■ 1. 自分のエゴから解放されよ

冷たくあしらわれたり、無視されたりする心の準備をして下さい。

だけど、それと同時に美しい人や新しいデートの相手と会う心の準備もしていてください。知らない人に話しかける際に、断られる、というのはよくあることです。ですが失敗というのはエキサイティングなもの。学習し、改善するチャンスです。なので、エゴはポケットにでもしまっておいて、下記のことをよーく覚えておいて下さい。:

● 人は噛みついたりしません! - 自分から話しかけなくても、話しかければおおらかに答えてくれる人も結構います。むしろ喜んでくれる人だって! 知らない犬や猿に話しかければ、噛まれるかも知れませんが、通常霊長類ヒト科は噛み付く習性を持ちません。

● 断られても減るもんじゃないし - そう、べつにどーってことないじゃないですか、見知らぬ人に無視されたからと言って。でも、拒絶されることに対する恐怖心が見知らぬ人に話しかける際にもっとも大きな障害となる要因なのです。拒絶されることを恐れずに進めば、もっと面白い人生が待っているかも知れません。

● 周りの人は自分で思うほど自分の行動を観察していません - 見ていたとしても、ちょっと、へー、とかほー、とか思うくらいで、決して嘲笑しているわけではないです。そんなに自意識過剰になる必要なしっ!

ぼくもチキンハートで声掛けれずに後悔したことが数えきれないくらい何度もある。。
この殻をいつかは破らないとなーとは常々思ってました。orz

■ 4.イベントにひとりで出かけてみよう

友達が来れないから自分も行かないではなく、たまにはひとりで出歩いてみて下さい。

どこかに出かけるのに他のひとの許可なんて要りません。これも昨日よりエキサイティングな今日を掴み取るためのささやかな一歩です。ひとりで出かける際のゴールはひとつ、「楽しむ」ことです。電話番号を交換する必要もなければ、誰かに話しかける必要もないです。家から出る前にあれやこれや考えても仕方がないので、とりあえず出かけてみて下さい。

大きな街に住んでいる方であれば、ソーシャルイベントと呼ばれるものはちょっと探してみると毎日たくさん行われていることが分かるはず。

その例をいくつかあげると、

美術館
ギャラリー
コンサート
いつも気になっている近所のバー
コーヒーショップ
ライブハウス
mixi、facebookなどのコミュニティ・イベント
ワインパーティー
などなど。

ちょうど今月末に友達から誘われた結婚式の2次会に、
一緒に行くはずだった友達から仕事で行けない旨の連絡があったのでした。
行くのどうしようか迷ってたけど行くことにしようかなー><

他にも例えば一泊旅行に出かけてユースホステルに泊まってみる、など、いろいろと知らない人と交流する方法はありそうですよね。

あと、これ知らんかった。ユースホステル?なんかおもしろそう。

Amazonアソシエイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です