劇場版「空の境界」the Garden of sinners

劇場版『空の境界』 http://www.karanokyoukai.com/

2008年を通じて大きな人気を巻き起こした劇場版『空の境界』が記録的な数字を打ち立てている。このほど2007年12月1日の『第一章俯瞰風景』の劇場上映からこれまでおよそ1年の実績が発表された。

劇場興行では、観客動員数は18万3000人、興行収入は2億円に達したという。劇場公開は当初テアトル新宿のレイトショー公開のみだったが、この劇場が連日満員となった。
こうした人気が大きな話題を呼び、一気に作品の知名度を上げた。さらに人気が集まり、その後は公開を渋谷、池袋、川崎、名古屋、大阪、札幌、佐賀、仙台の8都市へ拡大。単館レイトショーでスタートした『空の境界』の劇場ビジネスが一気に拡大した。

映画は全7章(7作品)を、第1章から順番に公開して行くかたちを取っている。現在は、第六章『忘却録音』が劇場公開中である。またこうしたシリーズ上映を積み重ねることで、興行収入はテアトル系単館アニメ作品の歴代興行記録第1位を達成した。
これまでの1位は2006年に劇場公開され異例のロングラン興行で話題を呼んだ『時をかける少女』、2位は沖浦啓之監督の『人狼』である。これらの記録を一気に抜き去った。

さらに注目は、DVDのシリーズ出荷数が40万枚を超えていることだ。この数字は、現在DVDが発売されている四章までのものだから、1巻平均で10万枚のDVDが出荷されたことになる。DVDは今後も新刊が発売されるから、まだまだ記録は伸びそうだ。

『空の境界』はカルトな作品とされるが、DVDの売上だけをみれば、メジャーとされる多く作品のそれを遥かに上回る。

これ気になる。みたい!

Amazonアソシエイト

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です